Satoru .photography


surf&trip.photo
by no_body_peak
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2010年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧


鎌倉、今日の波

アウトに出るのが辛かった。
でも、夕方には落ちつきだして頭サイズのファンwaveでした。
e0180739_2152568.jpg
e0180739_2153149.jpg
e0180739_21532956.jpg
e0180739_21535612.jpg
e0180739_21541041.jpg


明日は午後から仕事。
朝一狙ってみるかな。。なので早めの就寝。。。
[PR]

by no_body_peak | 2010-02-27 21:56

tree

e0180739_19382584.jpg


北海道/南富良野
[PR]

by no_body_peak | 2010-02-27 19:40 | snow

full moon trekking

e0180739_0141539.jpg


ある冬の満月の夜、暗い部屋に一筋の光が差し込んできた。
なんだろうと思い、その光の射し込む方を見ると窓越しに満月が見えた。
真っ白に光り輝く月。
あまりの明るさに驚きソファから立ち上がり外を見た。いつの間にか雪は止み、辺り一面の銀世界。

降り積もった白い雪が月の光を更に明るく闇の世界を奪っていた。

「なんて奇麗なんだろう」

奇麗としか例えようのない神秘的な景色にみとれていると遠くの方で何かが跳ねた。

気になって上着を羽織り、防寒用のパンツを履き外に出た。

風は無風、無音の世界。とてもクリアーな冷たい空気。
夜なのにまるで昼間の様な明るさが、不思議な錯覚を生み不思議な世界に足を踏み入れたようだった。

思いのほか雪が深く積もっていた。
スノーシュウを履いてさっき何かが跳ねた方へゆっくりと歩いて行った。

近くまで行くと何かの気配がした。注意深く辺りを見回す。

カサカサッという音がすぐ近くの木陰から聞こえた。

「アッ、ウサギだ。」心の中で呟いた。

そのウサギは月の方を見ていた。
ピクリとも動かなかった。

その後ろ姿は自分と同じで、満月の光が照らすこの美しい白い世界に見とれているようだった。

ー北海道・南富良野
[PR]

by no_body_peak | 2010-02-27 01:22 | snow